Recherche avancée

ルクセンブルク大使館 > 二国間関係 > 文化交流 >

文化交流

日本との文化交流は、1995年のルクセンブルク欧州文化都市年に、日本の様々な芸術が披露されたことをきっかけに大きく発展し、ルクセンブルクの芸術家の作品を日本で紹介する機会も増えています。1997年4月 11日には日本の古典楽器によるルクセンブルクの現代音楽の演奏会が行われ、琴と尺八のために書かれたクロード・レンナースの作品が東京で初演されました。同年12月には「エドワード・スタイケンとルクセンブルクの現代写真家展」と題する写真展が東京国際フォーラムにて開催され、100年にわたる写真芸術の発展を、ルクセンブルク出身の作家の作品を通して振り返る展示として好評を博しました。