Recherche avancée

ルクセンブルク大使館 > 領事部 > 滞在許可申請手続き >

滞在許可申請手続き

ルクセンブルクで3ヶ月以上滞在(就労/就学)する場合には、滞在許可証が必要になります。申請手続きは、渡航前に直接ご本人(または企業)からルクセンブルク外務省移民局にしていただきます。

■ルクセンブルク外務省移民課

Ministères des Affaires étrangères et de l'Immigration
Direction de l'Immigration
B.P. 752
L - 2017 Luxembourg

窓口住所: 26, route d'Arlon, L-1140 Luxembourg

Tel (+352) 247-84040 (電話問合せ:月~金14h00-16h00、窓口は月~金 8h30-12h)

Fax (+352) 22 16 08

E-Mail: immigration.public@mae.etat.lu

http://www.guichet.public.lu/citoyens/fr/organismes/ministere-affaires-etrangeres/direction-immigration-service-etrangers/index.html

滞在許可取得までの大体の流れは次のようになります。

提出書類や手続きが変更になる場合もありますので、詳細はその都度必ず確認してください。

<渡航前、日本での手続き>
-日本出発前にルクセンブルク移民局に、暫定滞在許可証(autorisation du séjour temporaire)の発給を申請します。提出書類のうち、無犯罪証明書の発行、パスポートのコピー認証、戸籍謄本/抄本の翻訳認証については こちら
-移民局が審査後、暫定滞在許可証を発行(発行から3か月間効力)
-暫定滞在許可証期限内にルクセンブルグに渡航

<渡航後、現地での手続き>
-ルクセンブルクに到着後、業務日3日以内に住居を構える予定の地元役場に暫定滞在許可証を持参し、到着届出(déclaration d'arrivée)を行い、申請受付書(récépissé)の交付を受ける。

-ルクセンブルク国内の病院で健康診断を受診する。
-申請受付書期限内(3ヶ月)に、移民局に在留資格証(titre de séjour)の発給を申請する。その際に必要な書類は、暫定滞在許可証、到着届出申請受付書、ルクセンブルク国内で行った健康診断書、住居契約書等、証明写真、申請料支払証明書
-在留資格証を取得後、それを役場に届け出て滞在許可の発給を受ける。

詳細はこちら↓

https://guichet.public.lu/en/citoyens/immigration.html

ルクセンブルク滞在に関する情報(英・仏語)

http://www.luxembourg.public.lu/en/index.html

https://www.justarrived.lu/en/