Recherche avancée

ルクセンブルク大使館 > 新着情報 > ポールワース社(ルクセンブルク)がミルドレックス建設プロセスライセンシーに調印 >

ポールワース社(ルクセンブルク)がミルドレックス建設プロセスライセンシーに調印

Publié le 2014年 3月 17日 月曜日

株式会社神戸製鋼所(日本)とポールワース社(ルクセンブルク)は、神戸製鋼所保有のミルドレックス直接還元鉄プラントを全世界でマーケティング、設計及び建設するライセンス契約を締結・調印しました。

神戸製鋼所は指定ライセンシーに世界各所のミルドレックスプラント建設させていますが、今回の契約によりポール・ワース社は神戸製鋼所、シーメンス・バイ・メタルズ・テクノロジーズ社、ミドレックス・テクノロジー社らミルドレックスプラント建設ライセンシーに加わりました。ミルドレックスプロセスは最も広く使われている直接還元鉄プロセスであり、世界の年間ガス・ベースDRI(直接還元鉄)生産高の約80%、さらに世界年間総生産の約60%を占めています。

この契約により、ポールワース社は、すでに良好な神戸製鋼所との関係をさらに強化したと言えます。

 

http://www.paulwurth.com/en/News-Media/News-and-Archives/Press-Release-Paul-Wurth-becomes-MIDREX-Process-construction-licensee

Photo description

Shohei Manabe, Executive Officer, Kobe Steel, and head of the Iron Unit Division and Marc Solvi, Chief Executive Officer, Paul Wurth, shake hands after signing the construction license agreement. Standing in back are Hiroshi Ishikawa, General Manager of the Iron Unit Division, Kobe Steel; Thomas Hansmann, Chief Technology Officer, Paul Wurth; and James D. McClaskey, President and Chief Executive Officer, Midrex.

Retour