Recherche avancée

ルクセンブルク大使館 > 新着情報 > ジュール・A・ホフマン氏、2011年ノーベル医学生理学賞受賞 >

ジュール・A・ホフマン氏、2011年ノーベル医学生理学賞受賞

Publié le 2011年 10月 06日 木曜日

ルクセンブルク生まれのジュール・A・ホフマン氏はブルース・A・ビュートラー氏とともに「自然免疫の活性化に関する発見」で2011年ノーベル医学生理学賞を受賞しました。
ホフマン教授は1941年エシュテルナッハ(ルクセンブルク)に生まれ、ストラスブール大学で学んだ後同大学で教鞭を執り、フランス国立科学研究センター付属分子細胞生物学研究所のリサーチディレクターをつとめていました 。

フランス国立科学アカデミー議長を務め、ヨーロッパ、ロシア、アメリカの数多くの科学アカデミーのメンバーでもあります。2010年には、大阪大学教授の審良静男とともに栄誉ある慶応医学賞も受賞しています。

Retour